ケインズ

スポンサーリンク
ケインズ

投機とは?投資との違いは?簡単に分かりやすく解説

投機とは、何でしょうか? 投資と、何が違うのでしょうか? 見ていきます。 投機 投機は、よく、ギャンブルに喩えられます。 お金を使って、挑戦をして「成功したらお金が増えるけど、失敗したらお金が減る」と...
ケインズ

インフレにしたら失業問題は解決するのか?フィリップス曲線に対するケインズとフリードマンの考え方の違いをイラストで紹介

ケインズは、インフレにしたら失業問題は解決すると考えました。 一方で、フリードマンは、それに反論しました。 それぞれの思想の違いを見ていきます。 フィリップス曲線 フィリップス曲線とは、失業とイ...
ケインズ

【ケインズ経済学】流動性の罠に陥ると民間投資が減る理由をイラストで分かりやすく解説

流動性選好とは 流動性選好とは、人はどれくらい「現金が好きか」ということです。 私たちは、資産を「現金」として持つこともできますが、「債券」として、持つこともできます。 現金も債券も両方とも資産です。 ...
ケインズ

オイルショック後のアメリカは、なぜ経済危機に見舞われたのか?イラストで解説

1970年代に、石油価格が爆発的に高騰しました。 これは、オイルショックと呼ばれています。 オイルショックの後、アメリカがどのように変化したのか見ていきます。 オイルショック 1970年代、中東で戦争があっ...
ケインズ

流動性の罠は、なぜ起こるのか?イラストで解説

流動性の罠とは、金利が下がらなくなる現象です。 この記事では、なぜ金利が下がらなくなるのか見ていきます。 最初に 投資家という言葉は「設備投資(民間投資)をする人」と指してる場合と、「債券を買う人」を指してる場合...
ケインズ

資本利益率とは「流動性選好」を測る尺度なのだという言葉の意味をイラストで紹介

資本利益率とは 資本利益率とは、使ったお金に対してどれだけの利益を生んだかということです。 お金を使った後、増えて返ってきたら、資本収益率はプラスということです。 資本収益率がプラスになれば、お得です。 ...
ケインズ

【中学社会】世界恐慌の時のアメリカが行ったニューディール政策とは?

世界恐慌 世界恐慌とは、アメリカをキッカケに起きた世界的な不景気のことです。 不景気とは、お金が稼げなくなる状態のことを言います。 世界恐慌が起きると、働きたくても働けない人がたくさん現れました。 ...
ケインズ

なぜ、流動性の罠にはまると利子率が下がらないのか?簡単に解説

投機 投機とは、転売することです。 「安く買って、高く売ること」を投機といいます。 債券を投機として買う人がいるのです。 債券 それでは、債券とはなんでしょうか? 債券とは、「持ってるだ...
アダムスミス

最低賃金が上がると経済はどうなるのか?アダムスミスやケインズやフリードマンの意見をイラストで紹介

労働者の賃金が上がると、経済はどうなるのでしょうか? アダムスミスやケインズは、良くなると考えて、フリードマンは悪くなると答えています。 それぞれの意見を見ていきます。 アダムスミスの考え アダムスミスは、...
ケインズ

デフレの時に設備投資が減る理由をイラストで解説

デフレの原因 デフレとは、商品の値段がどんどん下がることです。 まずは、デフレの原因について考えていきます。 なぜ、商品の値段が下がるのでしょうか? その理由は、お客さんが商品を買わないからです。 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました