アダムスミス

スポンサーリンク
アダムスミス

古典派と新古典派の違いとは?新古典派が生まれた背景をイラストで紹介

古典派が生まれたのは、労働価値説から、効用価値説へ変化したからだと言われています。 詳しくみていきます。 労働価値説 労働価値説とは、時間をかけた商品の方が価値が高いということです。 これは、古典派が主張しました。...
アダムスミス

最低賃金が上がると経済はどうなるのか?アダムスミスやケインズやフリードマンの意見をイラストで紹介

労働者の賃金が上がると、経済はどうなるのでしょうか? アダムスミスやケインズは、良くなると考えて、フリードマンは悪くなると答えています。 それぞれの意見を見ていきます。 アダムスミスの考え アダムスミスは、...
アダムスミス

新自由主義と、アダムスミスの思想の違いをイラストで紹介

新自由主義とアダムスミスの思想は、似てるようで違います。 どんなところが似ていて、どんなところが違うのでしょうか? それぞれ見ていきます。 自由競争 似てる点 アダムスミスも新自由主義者も、自由競争に...
アダムスミス

アダムスミスは、なぜ労働者の権利を守ろうとしたのか?【国富論】

労働者の方が弱い アダムスミスは、労働者の権利を守ろうとしました。 その理由は、労働者の方が弱いからです。 人を雇っている人(経営者)と、雇われている人(労働者)の間には、力の差が存在します。 経営者の方が...
アダムスミス

アダムスミスが考えた自然価格と市場価格について

アダムスミスは、価格には自然価格と市場価格があると考えました。 その違いを見ていきます。 自然価格 自然価格とは、労働量で測定される価格です。 労働量が価格を決めるということです。 例えば、ジャガイモ...
アダムスミス

アダムスミスにとっての自由とは?アダムスミスの経済思想をイラストで分かりやすく解説

アダムスミスは、国民に自由に競争させるべきだと主張しました。 これは、一見、お金持ちがさらにお金を稼ぐことを応援しているようにも見えます。 でも、アダムスミスが伝えようとしたことは、そうではないのです。 アダムス...
アダムスミス

アダムスミスが考えた貿易戦争をするべきではない理由

アダムスミスは、貿易戦争は、自国の利益に繋がらないと主張しました。 その理由を解説します。 貿易とは 貿易とは、貿易とは、ある国と別の国との間で行なわれる商品の売買です。 つまり、国を挟んで買い物をすること...
アダムスミス

水がなければ生きていけないのに、水が安いのはなぜ?イラストで紹介

人々は水がなければ生きていけません。 一方で、ダイヤがなくても生きていけます。 しかし、なぜダイヤの方が水より高いのでしょうか? 仮説を二つ紹介します。 労働価値説 一つ目に労働価値説です。 ...
アダムスミス

失業問題はどのように解決するべきなのか?古典派、ケインズ学派、新古典派の考えをそれぞれ見てみる

労働市場とは 労働市場とは、働きたい人と、雇いたい人が出会う場所です。 需要とは 労働市場の「需要」とは、企業のことです。 企業は、人を雇います。 これを言い換えるのと「労働力が欲しい...
アダムスミス

「失業問題は放っておく方が良い」と考える小さな政府の意見をイラストで分かりやすく解説

「失業は、市場の力で解決する」というのが小さな政府の考え方です。 なぜ、失業問題を放っておくべきなのでしょうか? イラストで見ていきます。 はじめに この記事に登場する人は2人です。 「労働者」と「企...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました