親の過干渉はどこまで我慢するべき?『自由論』から考えてみる

ミル

過干渉は、愛情ではありません。

では、過干渉と愛情との違いは何でしょうか?

この記事では、ジョン・スチュアート・ミルが『自由論』で述べた内容について、見ていきます。

正解を教わると衰える

子どもは、正解を教わり続けると、能力が衰える、とミルは主張しています。

他の人がしているからという理由で同じことをしても、知性が磨かれないのです。

それと同様に「他の人が信じているから信じる」という場合も、知性は磨かれません。

大事なことは、本人が納得したうえで、行動しているかどうかです。

本人が納得しないと、その意見を取り入れても、表面的なことを真似することしかできないのです。

人は、「選択」をする中で、考えるチカラが磨かれていきます。

何も選択をしないで生きている人は、知性が磨かれていないのです。

大事なことは、「見分けるスキル」を磨くことです。

何が「善」で、何が「悪」なのか、自力で判断しないといけないのです。

正解を教わると、見分けるスキルが育ちません。

見分けるスキルを磨くという点では、何の練習にもならないのです。

もし、言われたことしか、やらせて貰えないのであれば、猿真似の能力しか身につかない、とミルは言います。

自分で判断することが大事

知力や道徳的な能力は、筋力と同じです。

使うことで、鍛えられます。

正解を教わるのではなくて、自分で判断することが大事です。

正解を教わるより、自分で気づく方が価値があるのです。

正解を教わり続けたら、知力や道徳的な能力は衰えます。

人は、自分の感情が前向きに動く時に、力強く活発な性格になります。

本人がやりたくないのに、無理矢理やらされてる時は、その人の性格は、弱々しくなるのです。

自分の人生のあり方を、自分自身で選ぶ人は、自分の能力の全てを駆使します。

自分で判断すると、これらの能力が鍛えられます。

 

もし、最初から、正解を教わっていたら、これらのスキルは磨かれないのです。

反抗は悪ではない

反抗は悪ではないと、ミルは主張します。

反抗とは、自発性です。

自分の頭で考えて、自分が正しいと思った道を貫くことを「反抗」と言います。

しかし、親は、反抗を警戒します。

つまり、親は、自発性を警戒しているのです。

しかし、ミルは、「反抗は悪ではない」と主張しています。

自分を守るために、反抗は必要なのです。

なぜなら、親のやり方が、子どもに合わない時もあるからです。

誰だって、自分に合う人生を送るべきです。

自分に合わないものを押し付けられたら、拒否していいのです。

なぜなら、人には自分の性格に合った人生を設計する自由があるからです。

常に親の言葉に従うだけの生活をすると、子どもの性格は不活発になると、ミルは言います。

本人がいきいきと生活するために、本人が決めた生き方を、周りの人は許すべきなのです。

なぜなら、その人の個性を打ち砕いてしまうと、その人の性格を弱々しくさせてしまうからです。

タイトルとURLをコピーしました