常識的な人より、常識を疑う人が国を発展させる理由とは?JSミルの『自由論』から考える

ミル

JSミルは、『自由論』の中で、異端な人が国を発展させる活力を持っていると主張しています。

この記事では、『自由論』を読んで思ったことを書いていきます。

常識

常識をかざす人は、他人から言われたことを、伝言してるだけで、本人の頭で考えてないとミルは言います。

常識を他人に押し付ける人は、伝言をしているだけなので、その人の能力が磨かれているわけではないのです。

例え、彼らの意見が正しいかったとしても、自分自身で考えて、その考え方に至ったわけではありません。

このような、ただ他人から言われたことを、他の人に伝言してるだけの人は、人類を進歩させないと、ミルは言います。

常識を疑う人

常識を疑う人というのは、きちんと研究し、準備した上で、自分自身で考えている人です。

彼らは色んなアイディアを出すため、時には間違えることもあるかもしれません。

それでも、自分で考えて、行動する人が、真理に近づいていける人であり、人類を進歩させる人なのです。

反論

この主張を聞いた人の中には、次のような反論もあるかもしれません。

「人々は、常識を教えてもらえれば、それで良いのではないか?」

常識というのは、今まで誰も反論してこなかったから、常識なわけです。

そのため、常識という答えを「教えてもらえれば十分だ」という考え方もあります。

ミルの考え

これに対して、ミルは、「誰も反論してないから、自分も反論しない」という考え方は良くないと主張しています。

ある意見に対してこれまで反論がなかったとしても

それを理由に、常識に従うのであれば、それは、オウム返しに語られているだけです。

常識は、たしかに真理を受け継ぐ言葉かもしれません。

しかし、もし、自由な討論をしていないのであれば、人々は、その常識の本当の意味については、無知です。

 

意見の根拠ばかりではなく、意見の意味そのものまで忘れ去られてしまうのです。

オーム返しがダメな理由は、意見を伝える言葉が「思想を伝えなくなる」からです。

機械的に暗記された言葉だけが残ってしまうのです。

その言葉は、表面の殻だけであり、肝心なところは失われているのです。

常識を最初に作った人は、何か想いがあったかもしれません。

しかし「それが常識」というようになると、その言葉に活力がなくなっていくのです。

なぜなら、人々は、常識を鵜呑みにしてるだけで、自分で選び取ったわけではないからです。

人々が、ただ黙って従うだけになると、活力が衰退し始めるのです。

国を発展させる人

国を発展させる人とは、自分の頭で考える人です。

そして、別の主張からその主張に乗り換える人です。

人は、主張を乗り換える時に、活力が溢れるのです。

タイトルとURLをコピーしました