デマンドプルとは?コストプッシュとは?いいインフレと、悪いインフレの違いをイラストで解説

物価(インフレ・デフレ)

インフレには、デマンドプルと、コストプッシュがあります。

良いインフレが、デマンドプルです。

悪いインフレが、コストプッシュです。

それぞれの違いを見ていきます。

デマンドプル・インフレ

「デマンド」とは「需要」という意味です

「プル」とは「引く」という意味です。

デマンドプル・インフレは、需要が物価を引っ張り上げるということです。

需要があるというとは「欲しい」と思う人がいるということです。

「欲しい」という人が増えると、お客さんが商品を奪い合う状態になります。

なので、高くても商品を買ってくれるお客さんが現れるようになります。

商品が良く売れる時は、企業は、値上げをします。

そのため、企業の利益が増えます。

需要があると、値段が上がるため、利益が増えます。

このように、商品を欲しがる人がいるから値上がりすることを、デマンドプル・インフレと言います。

高くても欲しいという需要が増えれば、企業は、利益が増えます。

また、従業員の給料が増えたり、買い物をする量が増えたりするので、さらに景気が良くなります。

コストプッシュ・インフレ

コストプッシュ・インフレとは、コストが物価を押し上げるインフレです。

原材料の価格が上がったり、賃金が高くなったりすることで、商品の値段が高くなることです。

コストというのは、原材料の価格や人件費のことです。

例えば、ドーナツを作るときに、小麦粉の価格が高かったら、ドーナツの価格も高くなります。

つまり、原価の値上がり分を、値段に上乗せすることになります。

値上げすると、それを買う人の人数が減ります。

そして、商品が売れなくなります

こうした、原価(コスト)の上昇に押されて起きた値上げをコストプッシュ・インフレと呼びます。

タイトルとURLをコピーしました