なぜ杞憂民や指示厨は嫌われるのか?ルソーやJSミルの思想から考えてみる

ミル

誰かが、トラブルに巻き込まれる可能性がある時、人々は、つい指示を出してしまいたくなります。

しかし、そのような人は、嫌われやすいです。

なぜ心配したり指示を出したりすることが、悪いことなのでしょうか?

JSミルやルソーの思想から考えてみます。

JSミル

人は自分の直感を使って生きています。

人は、自分の直感に従うことを阻害された時、不快になるのです。

もし、被害が確実に起きるのであれば、その人の直感を邪魔してもいいかもしれません。

しかし、被害の恐れがあるだけなら、周りの人は、強引にその人を引き留めてはいけないと、ミルは言います。

なぜなら、指示を出すと言うことは、本人の判断力を奪うことに繋がるからです。

人は、判断力がなくなると、無気力な人間になってしまいます。

たしかに、何か失敗をすることは、悪いことかもしれません。

しかし、無気力な人間になるよりはマシなのです。

人は、自分の判断力を使って、善悪を見分ける中で、能力が磨かれていきます。

もし、人生の主導権を他人に握られていたら、能力が退化してしまうのです。

たしかに、危険な橋を誰かが渡ろうとしているのを見たら、その人を掴んで引き戻しても、その人の自由を本当に侵害したことにはならないかもしれません。

なぜなら、自由とは「本人が望んでいることをすること」だからです。

また、本人は落ちることを望んでいないから。

しかし、被害が確実ではないのなら、周りの人は、その人を邪魔すべきではありません。

危険を冒すことに対する覚悟があるかどうかは、本人だけが知っていることです。

そのため被害に遭わないように力づくで本人を阻止する、といったことは、すべきではないのです。

ルソー

ルソーは、子どもの教育に関しては「主体性」大事だと主張しました。

例えば、火に触ろうとする子どもがいたら、火が熱いことを教えるべきです。

しかし、子どもを罰するべきではないのです。

なぜなら、人は好奇心を遮られたら、気分が悪くなるからです。

そして、罰することを「相手からの悪意だ」と感じます。

子どもは、火が熱いという事実には耐えることができますが、他人の悪意には我慢できないのです。

そのため、火に触るという好奇心を持った子どもは、火に触って熱いことを悟る方がいいのです。

なぜなら、人は、自分自身の判断に従いたいからです。

子どもが悪いことをしたからといって、罰しても意味がないと、ミルは言います。

なぜなら、罰するというやり方で、人をコントロールしても、その人の主体性は磨かれないからです。

タイトルとURLをコピーしました